世界のお金と昔のお金

今年購入した不動産投資用の3軒目の残置物処理をしていた時に、お金が出てきました。

(※売買契約で残置物の所有権はすべてこちらに移っています) 
前の持ち主さんは東南アジア方面へよく行かれていたようですね。
マレーシア、タイ、シンガポール、そしてインドネシアのお札と硬貨っぽいです。
どれも日本のお札より小さいんですよ。
それって羨ましいー、だって日本の長財布大き過ぎますもの!
ただでさえカバンの中いっぱいなのに…(; ・`д・´)
お出かけの時は大体このくらいは持って行きます→ハンカチ、ティッシュ、長財布、スマホ、リップ、ミラー、モバイル充電器、エコバック、鍵類…かさばるし、かなりの重量です。
でも子供が大きくなったからいいものの、小さい子がいるとオムツやらウェットティッシュやらゴミ袋やら、場合に因ってはスタイやら飲み物やらいろいろ追加されるわけです。
出掛ける度にとんでもない荷物量ですよ(ノД`)・゜・。

話が逸れましたが、お札は特にお国柄が出るところですね。
日本だと偉人がお札に載りますが、タイの国は王国だけに王様でしょうかね?


それはそうと私が子供の頃、父が仕事でしょっちゅう海外のあちこちへ出張していたので、その時もらった硬貨が少し手元に残っています。
パッと見ると、アメリカドルとハングル文字の入った硬貨…韓国でしょうか。
他にはギザ10や昔の書体の5円玉を見つけて珍しいと思い保管しています。
あと調べたら中国の古銭っぽい順治通宝や100円記念硬貨は母からもらいました。

これを持っていてどうしようかという話なんですが。
・・・前にもブログに書いたかしら?
やっぱり壺に入れて地中に埋めて、宝の地図描いて子々孫々に伝えるのがべストでしょうか~(笑)

About This Blog

天宮胡蝶管理人による、日常の出来事をおもむくままに綴ったり、時にはイラストなどをも載せたりするブログです。



にほんブログ村 漫画ブログ オリジナル漫画へ
にほんブログ村 イラストブログ オリジナルイラストへ

Powered by Blogger.